FC2ブログ

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告 l l ページトップへ ▲

2009/12/29

今年も昨年同様に年末に泊りがけテツ旅行を予定していたのですが、諸々の事情により断念せざるを得なくなってしまいました。2ヶ月前くらいから「今年は絶対これで締める!」と意気込んでたのに…orz そんな訳で、少しでも旅行気分を味わっておかないと禁断症状が出てしまいそうなので、今年2月の関西遠征で録音してきた走行音を引っ張り出して、関西に行った気分になることにしました。

今回の走行音は、今年3月のダイヤ改正で消滅した「急行 須磨浦公園行き」です。車種は阪神8000系の更新タイプで、収録区間はオール地下となる三宮~大開間。種別は急行ですが、三宮から先は通過駅が無いためか、神戸高速線内の駅では「普通」とアナウンスされます。

駅間は殆どが短い区間なので、走りも全体的にまったり目な感じ。特に西元町~新開地ではポイント通過があるため、それが顕著です。阪神の駅放送更新がちょうど過渡期の頃で、三宮と元町とで駅アナウンスの声が異なっている点はポイントと言えるかもしれません。

※三宮~西元町間では、一部で極端に音量が小さくなり聞き取りにくい箇所があります。ご承知の上でご視聴願いますm(_ _)m


阪神8000系走行音 (三宮~大開) posted by (C)kfks34

神戸高速線のアナウンス聞くと、どういう訳か「帰ってきた」気分になるんですよね…「ソ○モンよ!私は帰ってきた!」かの如く。生まれも育ちも東京なのに何故か。・・・これは去年何度も関西にばっか行った影響なのだろうか。確かに三宮や高速神戸付近のホテルに宿泊する機会、多かったけど。
スポンサーサイト
カテゴリ:鉄道走行音 l コメント(2) l ページトップへ ▲

2009/07/12

電車の走行音の公開、前々から1度はやってみたかったと言うことで早々にカテゴリだけは作っておいたものの、音を撮るだけ撮っておいてしばらくの間放置状態にしてしまっていた管理人。ようやく最近になって何となく気分が乗ってきたため、この機会に一気に作業を進め、公開することにしました。

音声ファイルとなると公開するにあたりサイズの大きいファイルをアップすることになりますが、このブログはサイズが500mb以上のファイルをアップすることができません。じゃあどうしよう・・・と考えた結果、動画に編集して強引にアップするという強行策に打って出てみたと言う次第。ついでだから遊び心と妄想力を働かせ、最近流行り(?)のLCD車内案内風の画像をくっ付けて編集してみました。




京成3700形走行音 (青砥~押上) posted by (C)kfks34
まずは現在主流となっているVVVFインバーター制御装置を持つ、京成3700形の走行音。車番失念。ドアエンジン音で5次車以前ということだけは判別が可能。モーター音は力強く加速をしているという印象を受けます。これと似たような音は、東急1000系や京阪7000系など比較的多くの形式で聞けますが、管理人はこの音を聞くと真っ先に「京成沿線の下町風景」と「京成3700形」が頭に浮かんできます。



山陽5000系走行音 (山陽姫路~飾磨) posted by (C)kfks34
続いては関西から山陽5000系の走行音。制御装置は界磁添加励磁制御。「ウゥ~ン…」と音程が徐々に上がっていくこの加速音、何となく昔ながらと言う感じ。一昔前の電車の音と言えば、上記の3700形よりもこのような音を連想する人が、鉄道ファンのみならず多いのではないでしょうか?

ちなみに管理人は、上記の京成3700形のようなVVVFインバーター制御の音を「デジタル的な音」、この5000系のようなVVVF制御以外の音を「アナログ的な音」とイメージしています。



管理人にとって、モーター音はその電車のイメージを形成する上で大きなウェイトを占めているようで、外観がほぼ同じ、あるいは全く同じ電車でも、モーター音が違うとその電車自体の見え方がガラリと変わってしまいます。これだけ聞いてもピンと来ない方も多いかもしれませんが、例えるなら「アニメや洋画で声優さんが代わると、キャラクターのイメージまでガラリと変わってしまう」と言ったところでしょうかね?

「最近の電車は無個性だ」とはよく言われますが、管理人がそう感じることが全くと言っていい程無いのは、「モーター音がイメージ形成の上で大きなウェイトを占める」ということが要因なのかもしれない、何て思っています。
カテゴリ:鉄道走行音 l コメント(0) l ページトップへ ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。