FC2ブログ

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告 l l ページトップへ ▲

2012/05/15

まずは光がオレンジ色で実感に欠ける、ヘッドライトの交換作業から始めることに。


DSC_0575.jpg
スポンサーサイト
カテゴリ:鉄道模型 l コメント(0) l ページトップへ ▲

2012/05/01

突如「模型をいじりたい、室内灯組み込んでみたい」という衝動に駆られた管理人。ちょうどそのタイミングでKATO製313系3000番台の中古品を発見し、以前から身延線を走る車両が欲しかったこともあり、そのまま購入。

1326635477045.jpg
ユーザーから「顔が似てない」と散々叩かれたと聞くこの製品。しかし自分は実車にあまり詳しくないこともあってか、普通にカッコ良いモデルにしか見えなかったり。これはいいのか悪いのかw

中古ながらもアンテナなどの別パーツやステッカーは新品同様の状態。ヘッドライト色は実車と異なりオレンジに点灯。室内灯も勿論未装備で、後日に追加で購入。1月の頭に行った津田沼ポポンのレイアウトでちょっといじった模型を走らせたいという意欲から、久々に模型いじりの意欲が沸いてきました。
カテゴリ:鉄道模型 l コメント(0) l ページトップへ ▲

2012/02/14

1月のある日の仕事帰り。衝動的にNゲージレンタルレイアウトで電車を走らせてみたくなり、津田沼のポポンデッタへ行ってみることに。

レンタルレイアウトの利用はこれが初。車両など当然持ってきてるわけもなく、店で用意してるものを借りることに。選んだのはJR西で最も好きな形式である221系。閉店時間も迫っていたので、20分のお試しコースで走行開始。始める前は「もしかしたら途中で退屈になるんじゃないか」何て思いもよぎりましたが・・・


…20分はあっという間に経過。始める前の心配は杞憂でしたww。これはやってみると思った以上に良いモンですね~。かなり前にある模型屋の店主の方から「癒しの空間」と聞いたことがあったのですが、それがよく判った気がします。今度は手持ちの車両2、3種類持ち込んで、1時間以上のコースでやってみたくなってしまいました(・∀・)


1326457299427.jpg
留置線から2段スイッチバックでホームに入線後、の様子。店内が静かなこともあり、気分は始発列車の入庫回送。


1326457361551.jpg
レイアウトは住宅地や山を抜けていくもの。18きっぷ旅行の雰囲気を思い出しながら楽しめます。

カテゴリ:鉄道模型 l コメント(0) l ページトップへ ▲

2011/09/04

グリーンマックスから8月29日についに出荷された、「京成3700形6次車 塗装済みキット」。早速買ってきましたので、今回はほんのちょっとだけ紹介。(製品内容の詳細なレビューはほぼ有りませんので、あしからず)

W-TS3R0587.jpg
カテゴリ:鉄道模型 l コメント(2) l ページトップへ ▲

2011/08/25

前編あげてから既に1ヶ月近く経ってしまい、更に8月中旬のJAMも終了し、今更あげたところで読み手には何の役にもたたないこの情報(;´∀`)。しかし半端なまま終わらせるのも嫌なので、とりあえず形だけでも記事はあげてみます。JAMではメーカーブースは殆ど見なかったし、備忘録として。

W-TS3R0860.jpg
カテゴリ:鉄道模型 l コメント(0) l ページトップへ ▲

2011/07/30

7月25日まで銀座松屋で開催されていた「第33回松屋鉄道模型ショウ」に、7月22日に行ってきました。毎年夏の新製品発表の場として、Nゲージファンには注目度の高いこのイベント。今回は初めて平日での入場となりましたが、思っていた以上に入場客が多く、家族連れ親子やファンで賑わっていた印象でした。今回は私的に関心あるモノについて簡単に書いていきます。

※当日は一眼をオーバーホールに出していたため、画像は全てケータイで撮影しています。そのため画質が悪い写真ばかりとなっていますが、ご了承くださいm(_ _)m


W-TS3R0849.jpg
カテゴリ:鉄道模型 l コメント(0) l ページトップへ ▲

2011/07/23

通勤で利用する京葉線を走る、209系500番台武蔵野線色。ここ1ヶ月間で何度か乗車し、そのうちにこの電車のNゲージが欲しくなってきてしまった管理人。しかしこの形式、KATOとTOMIXという大手2大メーカーが共に製品化しており、どちらの製品を買うか悩むところ。というわけで、店頭で並んでる製品を見比べ、どちらのメーカーの製品を購入するかを検討しています。


で、実際見て感じた印象はと言うと…


車体全体の印象はTOMIXでしょうか。特に側面の印象が◎。特にドア窓周りの形状がシャープで、ドア周りの金具?もボディ全体のものよりやや暗めの銀で塗装され、メリハリが効いて好印象。ボディ全体の銀も、モノがちょっと映りこみするかのような、私的に非常に好みの塗装。帯の塗装も比較してTOMIXの方が実感的な気がします。

KATOはボディの銀塗装をヘアライン仕上げとダルフィニッシュ仕上げの箇所で塗り分け、質感の違いを表現しています。ただ、どちらの塗装もフラット過ぎる仕上がりで、私的にはこれがあまり効果的になっているとは思えず。帯の色も青みがやや強すぎるかも。また3色帯中央の白帯に、薄く色が入ってしまっている箇所がちらほら。ただ、これは個体差によるものなのかもしれませんが。


細かいディテール面などはKATOが勝っている感じです。屋根上の配管やパンタ周りの造形はシャープに作られ、なかなかカッコ良く出来ています。TOMIX製品は、前面のホーム転落検知装置?が表現されていないのが痛いポイントでしょうか。細かいパーツではあるのですが、実際正面から見比べると、あるか無いかでかなり印象が違っている気がします。


その他の点を書くと…KATOは価格が2000円ほど安く、更に密自連型カプラーを標準装備しているのが大きなポイント。前面スカートの形状はTOMIXが正しいよう。KATOは運転席をシースルー化していますが、私的にここはあまり拘りがないので評価対象外。前面は先のホーム検知装置の有無を除けば互角というところ。動力はどうなんだろう?フライホール製動力はTOMIXの方が好印象なのですが、KATO動力もレベルの高い走りなので、ここはあまり心配しなくて良さそうかな。


現状ではTOMIX製品にやや傾いている感じです。側面の印象は自分が模型で重視しているポイントなので、ここでツボを突いているのが大きいですね。ネット上での意見を見ると、KATO製品の方が高評価のようですが、自分が実車にあまり詳しくないというのも影響しているのかもしれません。
決断はもう少しじっくり考えてからにするつもりです。何だかんだ、悩んでいる時間が結構楽しかったするもので(笑)


TS3R0609.jpg
手元に209系500番台の画像も動画も無かったので、代わりに雪まみれになった205系5000番台を貼り。これで涼んで節電してください。
カテゴリ:鉄道模型 l コメント(0) l ページトップへ ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。