--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告 l l ページトップへ ▲

2009/02/28

ネットサーフィンしていたら偶然「山陽電車検定」なるものを発見。これは山陽電車好きとして回答しないわけには行かないだろう!(←大した知識も無いクセに)ということで、早速挑戦してみました。

問題数は10問で全て3択形式。さて、その結果は・・・





見事全問正解しました。「どおだ!すごいだろう!!」…と声を大にして言いたいところですが、正答がはっきりせず消去法で解いた問題もいくつかあり、全問正解できたのは選択岐に助けられた面も大きかったです。第1問目の選択岐に板宿とか垂水とかあったら確実に間違えてただろうし(汗)。山陽電車博士への道はまだまだ険しいのう(´・ω・`)


山陽5000系
山陽5000系 posted by (C)kfks34
短い時間で誰でもお手軽に挑戦できる「山陽電車検定」。ちょっと時間が空いたときにでも挑戦してみては如何でしょうか?

リンクはこちら → 学習天国ぽすと「山陽電車検定」
スポンサーサイト
カテゴリ:その他鉄道系ネタ l コメント(4) l ページトップへ ▲

2009/02/27

2月中旬にブログ裏でこっそり(?)と関西遠征に行ってきたのですが、その際に余った時間を利用し、久々に大阪環状線に乗ってきました。


大阪環状線201系発車 posted by (C)kfks34
お目当てはコイツ、首都圏の中央線沿線一筋で住んでいる管理人が20年以上利用し続けた電車とそっくりの車体を持つ、オレンジ色の201系電車。

関西の201系は、30N体質改善工事が施工された事で内装や側面窓など外観の一部が変化し、中央線のそれとは雰囲気がやや異なっています。しかし、工事前の印象を色濃く残す小さめのドア窓や前面、そしてウンザリするほど聞いた(聞かされた?)201系独特のチョッパ音…やはり間近で見ると中央線の201系を被せずにはいられません。

中央線では201系が新型のE233系に次々と置き換えられ風前の灯となっている中、103系に代わる新型車両という位置付けで大阪環状線を走るオレンジの201系。見る度に何だか不思議な感じが湧き上がってきますね。体質改善工事によって新型車両を思わせるまでに改装された内装が、ちょっと羨ましくも思えたり。


中央線201系発車 posted by (C)kfks34
こちらは中央線の201系の発車シーン。現在、武蔵小金井駅の高架化工事の関係で僅か2編成が予備車として残っており、その工事の完了と共に引退するのではないかと言われています。中央線で201系を見る機会がかなり少なくなった現在ですが、管理人は未だに201系がいない中央線というのを想像することが出来ません。なぜだろう。


ブログ開設から11ヶ月目にして初めて、地元路線絡みのネタをまともに書いたような気がする…(-- ボソッ
カテゴリ:その他鉄道系ネタ l コメント(0) l ページトップへ ▲

2009/02/20

少し前の話になりますが、鉄コレ第9弾の山陽電気鉄道700形(702形、709形)をゲットしました。

20090203_03.jpg

20090203_02.jpg

あまりの人気ぶりに品切れ店が続出した鉄コレ第9弾。管理人も最初の2箱を買った後は入手もままならないという状態に。そんなわけで一度は入手を完全に諦めたのですが、ある日秋葉原ラオックスに立ち寄った際に開封売り2両セットを発見。どうにかGETすることができました。

因みにこの時売れ残っていたのは山陽と秩父の2種類のみ(秩父の方が多く売れ残ってた)。いくらマイナーな鉄道会社とはいえ、そんなに人気無いんだろうか、山陽…


20090203_04.jpg
なかなかカッコ良いと思うのですが、気になった点が1つ。上の画像ではわかり難いですが、702形の前面左下隅に塗装の乱れが。この製品の塗装乱れはネット上をまわった際にも多く目にしたような気がしますが、これは製品の「仕様」なんでしょうか…


20090203_01.jpg
戦災により車両不足に陥った山陽電鉄が、運輸省から国鉄63形の割り当てを受けて導入したという当形式。導入当初は800形と名乗っていたそうです。実車は映像でしか観たことがないのですが、今回山陽電鉄の車両を製品化してくれたことは、いち山陽ファンとして嬉しい限りです。この調子で次回は2000系あたりを出してくれませんかね?トミーテックさん(^^



…それと、専用ブックケースの値段、もう少し何とかなりませんかね?トミーテックさん(^^;
カテゴリ:鉄道模型 l コメント(2) l ページトップへ ▲

2009/02/14

前回までの記事はこちら → その1 その2 その3 その4


やっと更新できた…


2月も既に折り返し地点の14日。1月中に書き終えるつもりが、諸々の事情でここまでずれ込んでしまいました(;´Д`) 未だに年末の出来事をグダグダと書いているのも如何なものか…ということで、今回が最終回となります。


富山ライトレール TLR0600形
富山ライトレール TLR0600形 posted by (C)kfks34
2009年の鉄活動は、以前から強い興味を持っていた富山ライトレールの訪問で幕開け。富山駅方面の列車は満席で多くの立ち客が出るほどの乗車率で、沿線住民の足として根付いていることを実感。車窓からは所々に国鉄富山港線時代の名残を見ることができ、廃線巡り好きな人も楽しめそうな感じの路線です。雪の降る元日にも関わらず、同業者らしき人物を数名目撃。恐るべしテツパワー。


富山ライトレール
富山ライトレール posted by (C)kfks34
富山ライトレールを走るTLR0600形車両。「ポートラム」の愛称で沿線住民に親しまれているようです。編成ごとに異なるカラーリングを持つこの車両、何となく京王井の頭線を彷彿とさせます。今年中に鉄コレで製品化されるようなので、是非ともGETしたいアイテムです。


岩瀬浜海水浴場(2009年元旦)
岩瀬浜海水浴場(2009年元旦) posted by (C)kfks34
ついでに終点の岩瀬浜駅の近くにある岩瀬浜海水浴場にも足を伸ばしてみましたが…こんな寒い日に来るところじゃないね! ((( ;゚Д゚)))


JR西日本 455系
JR西日本 455系 posted by (C)kfks34
ライトレール訪問を終えた後、北陸本線455系で富山を後に。終点直江津まで乗車します。



北陸本線455系側面展望 (越中宮崎~市振) posted by (C)kfks34
北陸本線、越中宮崎~市振間の側面展望動画。日本海を気持ち良く眺めることが出来る区間です。富山~直江津間は天気が2転3転し、最後はみぞれまで降ってきて驚かされましたが、丁度この区間では日差しも見えて運にも恵まれたという感じです。

※途中で窓ガラスについた水滴をよけるためにカメラを1度動かしていますが、ご了承ください。


ぶりかまめし
ぶりかまめし posted by (C)kfks34
富山駅で買った駅弁「ぶりかまめし」。ぶりかまは若干骨が気になるものの、想像以上のサイズで食べ応えは十分。甘めの味付けもイイ(゚∀゚)!!! 。今まで食べた駅弁の中でも1、2を争うほどの満足感。いい意味で期待を大きく裏切ってくれた駅弁です。


駅名標 直江津
駅名標 直江津 posted by (C)kfks34
ナオエツナオエツ…これを見るたびに漫画「鉄子の旅」思い出します(笑)。


20090211_02.jpg
ホーム東側の端から見える車両基地を見ると、そこには京浜東北線の209系が。よく見ると右側の車両は行先幕表示も「京浜東北線」?直江津ではカメラを持った鉄ちゃんを多く見かけましたが、これが目当てだったのでしょうか。くどいですが、元日から恐るべしテツパワー。


JR東日本 189系
JR東日本 189系 posted by (C)kfks34
直江津からは愛称付きの普通列車「妙高号」で長野へ。直江津出発時はガラガラ。しかし豊野あたりから急にスキー客らしき乗客が増え、終点長野到着時には満員電車に近い状態に。途中の新井~二本木間にて、箱根登山鉄道以外では初となる本格的(?)なスイッチバックを体験し、(何がイイのかよくわからないけど)凄く感動!何となくスイッチバックマニアの気持ちが少し理解できた気がします。


信越本線の車窓
信越本線の車窓 posted by (C)kfks34
あたり1面真っ白の世界が広がり続ける車窓。首都圏在住人にとっては正に「非日常」な光景。現実逃避にはうってつけといった感じ。


JR東日本 115系
JR東日本 115系 posted by (C)kfks34
長野からは篠ノ井線(中央線直通)の115系甲府行きに乗車。見慣れた車両の登場で、旅の終わりが近づいてきたことを感じさせます。日本三大車窓の一つ、姨捨(おばすて)駅の夜景もちょこっとだけ見れました。(危うく寝過ごして見逃しそうになりましたが ^^;)


駅名標 甲府
駅名標 甲府 posted by (C)kfks34
ヴァンフォーレ~! ヴァンフォーレ~! ララ~~ララ~ラ~ララ~!!!


20090211_01.jpg
甲府からは特急を使うか迷ったものの、結局普通列車で帰ることに。115系で高尾まで。


JR東日本 E233系
JR東日本 E233系 posted by (C)kfks34
高尾からは毎日通勤で利用しているE233系に乗って帰路に着き、今回の旅を締めくくりました。


今回は関西本線、近鉄特急、高山本線など多くの未乗路線を利用し、久しぶりに終始フレッシュなワクワク感(?)を持ちながら鉄道旅行を存分に楽しむことが出来ました。今回十分に回れなかった南海やライトレールにも「もう一度行ってみたい!」という気持ちも芽生え、また1歩世界が広がった感じです。



さて、次はどこへ行こうかな♪
カテゴリ:旅行 l コメント(5) l ページトップへ ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。