--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告 l l ページトップへ ▲

2011/04/28

今回もステッカー貼りの続きです。地味で面白みがないと感じるであろう作業の記事が続きますが、私自身ブログを模型製作の備忘録としても使いたく、また作品の見栄えを左右する大事な工程だと思うので、引き続きコツコツと書いていきます。


DSCF5056.jpg
スポンサーサイト
カテゴリ:鉄道模型 l コメント(2) l ページトップへ ▲

2011/04/23

DSCF4519.jpg
カテゴリ:鉄道模型 l コメント(0) l ページトップへ ▲

2011/04/19

最近チェックし始めたGMのスタッフブログ「大山通信」の過去記事を見ていくと、京成3700形6次車のテストショット(試作品)が公開されているのを発見。


製品を見た印象は「イメージ通り」といったところでしょうか。従来品の金型をベースに、前面など一部の箇所を作り変えたという感じですね。その前面も、ライトの形状以外は従来品のイメージを継承している印象。

ブログ見て初めて知ったんですが、屋根上機器(主にパンタ周り)の形状や配置も、5次車以前と異なってるんですね。どちらが好みというのではありませんが、6次車の方がややすっきりした印象かな。内装以外では、前面の他にKEISEIプレートの有無(9次車)と、パンタの違いくらいしか知らなかった。今度通勤時などで遭遇した際、ちょっと注目して見比べてみようかな。


web上では評価が分かれている従来品ですが、私的には悪くない出来というイメージ。そのイメージを継承している今回の6次車も、強烈なインパクトは無いものの、安心して期待することが出来そうです。機会があれば実物を見てみたいっすね。



京成3700形通過 posted by (C)kfks34
最後に実車動画を貼り。ところで、販売形態が基本セット4両+増結セット4両=8両編成という構成なのに、製品名を6両編成しか存在しない「6次車」としているのは何故だろうか(´Д`)?
カテゴリ:鉄道模型 l コメント(0) l ページトップへ ▲

2011/04/15

新年度2発目の記事でこのタイトルというのもなんですが(;´∀`) 、2011年度が始まりました。首都圏ではここ数日間で再び大きな余震が何度か発生し、なかなか落ち着かない状況が続いています。そんな中でも先週末には桜が満開となり、新年度の始まりの知らせに留まらず、重苦しくなりがちな心の中にも暖かい春の風を運んできてくれたのではないでしょうか。管理人もここの所少々疲れ気味な感が拭いきれませんでしたが、この風に乗って、気持ち新たに、そして前向きに頑張っていければと思っています。


さて、先週末にはそんな満開桜と京成電車とのコラボ写真を撮影しに、鬼越~八幡間へ行ってきました。そのときの成果をここで公開。


桜と京成電車
桜と京成電車 posted by (C)kfks34

桜と京成電車
桜と京成電車 posted by (C)kfks34

桜と京成電車
桜と京成電車 posted by (C)kfks34


何か思い通りに撮れてる気がしないような。やっぱ写真て難しいです…(;´∀`)
カテゴリ:その他鉄道系ネタ l コメント(0) l ページトップへ ▲

2011/04/11

本日帰宅時のお話。夕方に発生した地震によるダイヤ乱れの中で、京成普通に乗車。着席してウトウトしそうになっ頃、電車は谷津駅に到着。その直後、事は起こった。



ホームに駅員の上り列車到着案内放送が流れる。


「まもなく上り列車、快速上野行きが到着いたします」


…んっ?快速上野行き?谷津には普通しか停まらないハズなのに、駅員もダイヤ乱れで焦って間違えたな。


そう思った直後、駅員のアナウンスがこう続いた。


「臨時列車、快速上野行きが参ります。船橋までは各駅に停まります」


…!! 谷津から船橋まで各駅に停車!?そんな停車パターンの種別なんてあったか?


存在しない停車パターンのアナウンスに驚き、一気に目が覚める。そしてアナウンスは駄目を押すかのように続く。


「船橋から先の停車駅は、西船、東中山、八幡、市川真間、国府台…」


驚きの内容に頭の中はフル回転。そしてついに席から立ち上がり、サッとホーム側に振り向く。


すると、「快速」表示を堂々と掲げた3858編成がゆっくり入線し停車。扉を開けた。


「本当に谷津に快速停まっちゃったよ・・・」


そう思った瞬間に下り列車の扉が閉まり、隣の快速列車の姿が離れていった。



京成電車
京成電車 posted by (C)kfks34
私的にあまりにも衝撃的な光景だったので、今回は記事にしてしまいました。それにしてもダイヤが乱れているとはいえ、まさかイレギュラーな停車パターンの列車まで運行させるとは。この臨時快速を走らせることになった経緯まではわかりませんが、私自身このような例は他社線でも見た事がありません。マニア目線で驚いたのもありますが、状況に応じて柔軟に対応を行うんだなと、ちょっと感心してしまいました。


※4/12追記…停車駅は記憶ベースに書いたので、実際と異なっている可能性があります。でも西船と市川真間は、確かに聞こえたような気がする。

※4/12 記事を少し修正。当日の出来事をその日にうちに思い通りに書き上げるのは難しいです・・・
カテゴリ:その他鉄道系ネタ l コメント(2) l ページトップへ ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。