FC2ブログ

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告 l l ページトップへ ▲

2009/11/29

前回までの記事はこちら → その1 その2 その3 その4 その5
何かグダグダになってきた当シリーズですが(;´∀`)、今回が最終回となります。

54_駅名標 五月台
54_駅名標 五月台 posted by (C)kfks34

55_五月台駅ホーム
55_五月台駅ホーム posted by (C)kfks34
五月台ホームより。多摩線標準の2面2線相対式ホーム+橋上駅舎という構造。この後改札を抜け、これにて多摩線全駅下車を達成です。

56_五月台駅
56_五月台駅 posted by (C)kfks34
駅舎。写真の左側で若いお兄さんが豆腐売ってました。ここでは近くにあるホームセンター「ビーバートザン五月台店」にお買い物へ行き、模型製作用の紙やすりと金属バサミをゲッチュ。買い物を終えて外に出ると、陽は完全に沈み空は真っ暗に。

57_五月台駅前
57_五月台駅前 posted by (C)kfks34
中々オサレ~な感じ?の駅前。駅周辺は綺麗な雰囲気の住宅街で、マクドナルドや喫茶店などもあります。

19:45頃駅に戻る。多摩線全駅下車も達成し、ここで今回の旅は終了…とも思ったのですが、時刻表を見ると下り区間準急が2本残っていることに気付く。これらを使えば、今日まわっていない2駅も丁度まわれるな…ということで、せっかくなので最後に永山、多摩センターの両駅の下車を目指すことにします。

58_五月台から小田急永山へ
58_五月台から小田急永山へ posted by (C)kfks34
まずは1本目で小田急永山へ。19:07発(4933列車)、区間準急唐木田行きに乗車。

59_駅名標 小田急永山
59_駅名標 小田急永山 posted by (C)kfks34
19:14、小田急永山到着。

60_小田急永山駅ホーム
60_小田急永山駅ホーム posted by (C)kfks34
ここも2面2線相対式ホーム。上り(写真左側)ホームの奥には、少し離れたところに京王永山駅ホームがあります。

61_京王・小田急永山駅
61_京王・小田急永山駅 posted by (C)kfks34
ちゃちゃっと改札を抜け駅デパート(西友)へふらっと立ち寄ると、駄菓子フェア(?)やってるのを発見。越生線の時と同様に、調子に乗って駄菓子を買い漁る。

62_小田急永山から多摩センターへ
62_小田急永山から多摩センターへ posted by (C)kfks34
時間が少ないので直ぐにホームに戻ります。そして本日最後となる下り区間準急、19:45発(4935列車)、区間準急唐木田行きに乗車し…

63_駅名標 小田急多摩センター
63_駅名標 小田急多摩センター posted by (C)kfks34
本日最後の訪問駅、小田急多摩センターに19:47到着。最後の区間準急で締め!っていうのは何か気分が良いですね(´∀`)

64_小田急多摩センター駅ホーム
64_小田急多摩センター駅ホーム posted by (C)kfks34
2面2線ホーム。上りホームの隣に京王多摩センター駅が隣接しています。ホーム上を少しの時間観察すると、京王の方が賑わっていることがわかります。

65_小田急多摩センターから京王9000系
65_小田急多摩センターから京王9000系 posted by (C)kfks34
丁度京王9000系が発車していくシーンが見れました。

66_小田急多摩センターの「元」副本線
66_小田急多摩センターの「元」副本線 posted by (C)kfks34
ホーム外側にある柵の奥を見ると、何と線路が敷設されていました。将来は2面4線にグレードアップされるのか!?と思いきや、実は逆。ここは開業後しばらくの間は終着駅だったということから、折り返し列車を捌くために2面4線ホームを持っていたとのこと。しかし唐木田延伸後はいち中間駅となることから、副本線の必要性が無くなったために使用が中止され、現在に至っているとのことです。唐木田から先相模原までの延伸が実現した際は、退避用としてこのホームが復活する可能性なんかもあるのでしょうか。


67_メトロ6000系 多摩急行唐木田行き入線 posted by (C)kfks34
ホーム観察を終えた後は最後に多摩急行6000系を眺め、本日の旅は終了です。

これにて目的である多摩線全区間乗車に加え、目標の全駅下車も達成となりました。おめでとう俺(゚∀゚)!!これにより小田急の未乗区間は、江ノ島線の中央林間~片瀬江ノ島間を残すのみとなりました。

区間準急にしか乗らないレギュレーション、初めは乗れる列車が30分間隔となることでどうなるかと思いましたが、実際やってみると駅周辺をふらっと散策して移動するのには丁度いい感じで、時間が余ったら余ったでホームや電車を眺めながら程よく休憩出来たりと、結果としてはかなり良かったと感じています。

今回の「多摩線の旅」は小田急電車に初めてどっぷり浸かることが出来て、満足かつとても印象深いものになりました。昨年は関西にばかり行ってましたが、まだまだ関東にも沢山見るべきところがあるなと改めて感じることができました(´∀`)






---次回予告---

20091129_14.jpg
多摩線の旅から2ヵ月後、相模大野から再び小田急に乗り込んだ管理人。そこには夏色の風と衝撃のラーメンが!

でも、記事書くのはちょっと先の話になりそうです…
関連記事

カテゴリ:鉄道乗り潰し l コメント(2) l ページトップへ ▲
コメント
こんばんは
シリーズ完結お疲れ様でした!
京王9000系のLEDを見てみると過去のようがしないでもございませんが……

五月台の駅はまだ駅名票が更新されていないみたいですね。小田急にはなかなか乗らないので今度朝のメトロ車の急行でも見に行きたいものです。
2009.12.03 Thu l Trainpc. URL l 編集
Trainpcさんへ
有難うございます(_ _)
仰るとおり、当シリーズは今年5月中旬の出来事になります(あれよあれよと公開が先送りになってしまいました…)。京王9000系の3色LEDも、あっという間に過去のものになってしまいましたね。京成3000形も同じ道を辿っていると言えるかもしれませんね。

5月の段階での多摩線の駅名票は、新百合ヶ丘、永山、多摩センターの3駅のみが更新タイプとなっていました。今後は車両のみならず、設備面の動向も注目ですね。
2009.12.04 Fri l kfks34. URL l 編集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。