FC2ブログ

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告 l l ページトップへ ▲

2011/12/26

山万ユーカリが丘線乗車記の後編です。


W-_DSC4662.jpg
ユーカリが丘を発車しカーブを抜けると、しばらく高層マンションを横目に直進。途中の地区センター駅を抜けて更に直進するとポイントに当たり、ここを右に抜けると公園駅に到着。


W-_DSC4645.jpg
ユーカリが丘線では唯一の2線ホームを持つ公園駅。ここが同線で最も「駅っぽい雰囲気」があるように感じる。ユーカリが丘から来た列車は写真右のホームを発車し、ぐるっと回って今度はこの左側のホームに停まることになります。


W-_DSC4694.jpg
公園駅を抜けると直ぐに、進行方向左手に田園風景がばばーんと出現。JRのローカル線とはまた一味違った、独特なローカル線の雰囲気を楽しめます。写真は女子大駅~中学校駅間で撮影。


W-_DSC4680.jpg
女子大駅の直ぐそばには車庫があり、休憩中のこあら1号と3号の姿が。何かこじんまりとした感じの車庫です。


W-_DSC4715.jpg
中学校駅に停車するこあら2号の様子。中学校駅のホームは整備されていて、ユーカリが丘駅とは全く違った雰囲気でした。


W-_DSC4724.jpg
中学校駅~井野駅間には、短いながらトンネル区間が。地下鉄ともまた違ったこの雰囲気、これもなかなか良い。


W-_DSC4638.jpg
公園駅を発車したこあら2号が、今度はユーカリが丘に戻っていきます。この後のポイントが切り替わるシーンは、ファンは必見モノかも?


W-_DSC4732.jpg
ユーカリが丘に戻ってきたこあら2号。ユーカリが丘を発車してから戻ってくるまで僅か15分程度。八千代市に住む自分にとっては比較的身近にあるこのローカル線。時間ができた時に、散歩がてらにのんびり乗りに来るのもいいかもな、なんて思える路線です。
関連記事

カテゴリ:鉄道乗り潰し l コメント(0) l ページトップへ ▲
コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。